有吉ゼミ だいすけお兄さんお片づけ新企画。だいすけお兄さんって誰?

どうも、コムヨシです。
9月25日の有吉ゼミは2時間スペシャルですね。

内容は、

  • ギャル曽根VS巨大グルメ
  • だいすけお兄さんお片づけ新企画SP

となっています。

ギャル曽根VS巨大グルメは、見なくてもなんとなく内容がわかりますが、でも気になりますよね。その辺がギャル曽根のもつパワーではないでしょうか。

今回は、もう一つの企画の主人公である「だいすけお兄さん」について、サラッとまとめてみようと思います。

 

だいすけお兄さんって誰なの?

横山だいすけは、本名横山大介。
1983年生まれの34歳。ボクの一コ上なんですね。

国立音楽大学音楽学部声楽学科を卒業し、
卒業後は「劇団四季」にいたみたいです。

大学終わってすぐ「おかあさんといっしょ」に出てたのかなと思いましたが、そうではなかったんですね。
劇団四季には約二年間の滞在。

その後、2008年3月31日から2017年4月1日まで、NHK教育テレビの番組『おかあさんといっしょ』の第11代目「うたのおにいさん」を務めます。
うたのおにいさんとしての在任期間は9年で、これはうたのおにいさん・おねえさんの中で歴代最長の出演期間だったようです。

ちなみに、ボクが大好きだった前任のうたのおねえさん「たくみお姉さん」は8年だったみたいです。たしか、お姉さんとしては最長だったはずです。たくみお姉さんは今なにしてるんでしょうね。

 

伝説のキャラクター「かぞえてんぐ」

レギュラー放送では、子ども達に「かぞえてんぐ〜」と呼ばれると、天狗に扮しただいすけお兄さんがテーマ曲を歌いながら登場。

数を数えるのが大好きで、数を数えずにはいられないという数え天狗。

毎度、様々なものを子ども達と一緒に数えていきます。

上手に数え終わると、鼻のさきっちょがカパっと開いて、その時その時のテーマに関するものが、鳩時計のハトよろしく出現。

そして、

「ん〜〜満足満足〜」

といって、去っていくという実にシュールなキャラ設定。

大人気だったかぞえ天狗だが、これは誰がやっても人気がでていたとは思えない。

だいすけお兄さんの人懐っこい喋り方というか、おちゃらけたような喋り方が数え天狗というキャラをひと際引き立てているんじゃないでしょうかね。

なんだかいつも危なっかしい感じが、クラスメイトの芸をみているような感覚と似ていて、なんだかいつも気になってみてしまいましたね。

それがもう見れないのは残念ですが、

そんな数え天狗を演じていた、うたのお兄さんのだいすけお兄さんこと、横山だいすけさんが、9月25日放送の有吉ゼミスペシャルに登場します。

なんでも、「お片づけ新企画」っていうことで登場するようです。

だいすけお兄さんはお片づけが上手なんですかね?

その辺も含めて次の放送が楽しみです。