Hi-Standard 18年ぶりニューアルバムより「THE GIFT」MV公開!

どうも、ハイスタ大好きコムヨシです。

「THE GIFT」特設サイトで謎のカウントダウンの正体がようやく判明しましたね。

まあ大体予想は出来てましたが

「THE GIFT」のMVが公開になりました。

この公開に先駆けて、「THE GIFT」のバンドスコアが配信され、コンビニのコピー機でゲットできていたので、それを演奏してYOUTUBEにアップしている人もたくさんいました。

なので、今回配信された楽曲を聴いても別段「THE GIFT」へ対する〝真新しさ〟は感じませんでした。正直。

でも、そりゃあそうですよね。

正式なバンドスコアが配信されてて、その通りに演奏してんですから、「あ、聞いたことある」的な感じになっちゃうのは仕方ない。

でもさ、でもさ、

実際にハイスタが演奏してる今回のMVを見て

それらの情報を覆すだけのハイスタ感をぶっ放してくれたなって、ボクは感じました。

一言で言うと「ニヤニヤ」しちゃったんですね。

 

 

強烈な個性のぶつかり合い、それがハイスタの音

今回、「THE GIFT」を聴いて改めて感じたことなんだけど

ハイスタの曲って本当にニヤニヤしてしまう

ウキウキしちゃうっていうか

ワクワクしちゃうっていうか

ドキドキしちゃうっていうか

当たり前のことは絶対やってこないってわかってるからなのか

今までのようなことは絶対やってこないってわかってるからなのか

自分でもよくわからないんだけど

ニヤニヤしてしまう。

それがハイスタの音だと思う。

2000年にハイスタが突然の活動休止を宣言した時

ボクは高校一年生でした

まだまだ、インターネットっていうのが生活に根付いていない頃だったから

とにかく雑誌とか色んな情報を貪ったけど、いつまでたっても活動は再開しなかった。

そんな頃、BBQ CHICKENSだったりKEN YOKOYAMAの活動が始まったりして、

それはそれで新しい感覚だったし、彼らが一人でやったらこんな感じになるんだなっていうのが分かって、

それそれで面白かった。

でも、でもさ

やっぱり、良くも悪くも、どうしても〝ハイスタ〟と比べちゃうわけじゃん

意識してようがしてまいが

KEN YOKOYAMAとハイスタは比べる対象じゃないのかもしれないんだけど

やっぱり比べちゃう。

でもそれはやっぱりファンだからだと思う。

この
KEN YOKOYAMAのメロディーを難波さんが歌ってくれた。。。

って思った曲は数知れない。

NAMBA69にしたって、

難波さんが歌ったらなんでもカッコよくなると思ってたけど

やっぱりなんか違うっていうか、ワクワクしない。

その答えがずっとわからなかったけど

「THE GIFT」を聞いてハッキリ分かった。

この3人は、個性がハンパないってこと。

インタビューの記事でも読んだけど

MAKING THE ROADの時は仲が悪かったらしいんだけど、その意味がわかる

そりゃあ喧嘩になるよ

今はお互い大人になったから、話し合いで解決できたみたいだけど

それくら個性がハンパない3人なんだ

喧嘩するらい自分の主張があって

それを、上手に一つの形にまとめたわけだから

ニヤニヤしない方がおかしいんだ。

ケンさんのクセのあるギターリフに

恒さんのダイナミックかつ繊細なリズムが安定感を生み出し

難波さんの鼻にかかった、それでい突き抜けるパンクヴォイス。

この3つは本当は一つにならないんだけど

この3人は一つにできる

それが

ハイスタ

さあ、発売まで一週間

正座をして待とうではないか