キリンチャレンジカップ2017年10月6日、9日 対戦相手のニュージーランド代表、ハイチ代表って強いの?

どうも、小3から高一までサッカー部入ってたコムヨシです。
なんで高一までなのかは、ナイーブなポイントなので、コソッと質問して下さい。

さて、6大会連続でW杯出場を決めた日本代表!

これって本当に凄いですよ!

なんか、予選の初戦だったかで負けたチームは本戦に出場できないとかっていうデータがあって、日本も今大会はヤバいみたいな感じで言われてましたが、見事に本戦出場を決めてくれました。

決まったら決まったで、「見事にジンクスを破った!」とか、騒いであげたら良いのに、「あの選手がダメだ」とか「監督のあれがダメだ」とかって揚げ足とるばっかりで、うんざりしちゃいます。

ワールドカップって本戦出るだけで、本当に凄い事ですからね。

もっともっと褒めてあげてほしいです。

キリンカップで対戦するニュージーランド代表の実力の程は?

10月6日と9日に、キリンチャレンジカップという、いわゆる親善試合が行われます。

6日はニュージーランド代表
9日はハイチ代表

それぞれ試合が組まれています。

あまりサッカーでは聞き慣れない国だと思うので、サラッと情報をまとめてみました。

ニュージーランド代表

上下白のユニフォームのカラーからオールホワイツ(All Whites)というニックネームで親しまれているようです。

これは1982年のスペイン大会に初出場した時に公募で付けられたそう。

「オールホワイツ」という名は、ラグビーニュージーランド代表の愛称「オールブラックス」に因んでいます。

ニュージーランドでは、ラグビーとクリケットの人気が圧倒的に高く、優秀な人材が殆どそっちに流れちゃうらしく、サッカーはあまり人気じゃないんですね。

代表メンバーも大半がアマチュアもしくはセミプロ。
それでも長年に亘り大きな壁だったオーストラリアがオセアニア地区を脱退したので、オセアニア地区では強豪国のようです。

2010年の南アフリカ大会予選の大陸間プレーオフでバーレーンに勝利し、28年ぶりの本大会出場を決めます。

2014年のブラジル大会の大陸間プレーオフはメキシコに敗れ、2大会連続の本大会出場はなりませんでした。

オセアニア地区には、国の数やレベルの関係から、本戦出場の枠が0.5しかありません。

オセアニアで一位通過しても、プレーオフで勝利しなければ本戦出場は得られません。

しかも、そのプレーオフの対戦相手は各大陸の出場枠からこぼれた世界的強豪国ばかりなので、かなり厳しい条件と言わざるをえません。

オーストラリアがオセアニア地区を抜けてアジアに参入したのもうなずけます。

北中米や南米、アフリカの強豪とプレーオフを戦うよりも、アジアの中で枠を争った方が確率は高いかもしれません。もちろんアジアを舐めてもらっても痛い目をみるだけですが、世界的強豪国を相手にするよりはマシかもしれませんね。

FIFA ランキング

気になるFIFA ランキングですが、2017年9月の最新のランキングは

112位につけています。

大体110位前後を行ったり来たりという感じのようですね。

ちなにみ日本は

40位

日本にとっては調整や、新戦力を試す機会という位置づけになりそうです。

ただ、ニュージーランドは大陸間プレーオフを控えているので、意気込みはハンパないだろうと予想されます。

ハイチ代表

ハイチ代表は、北中米圏に属していて、本戦出場経験は意外にも一度だけ。

決してレベルが低い訳ではなく、最新のFIFAランキングは48位につけ、日本とは大差がない印象。

北中米から本戦に出場するのがいかに難しいかを物語っている気がしますね。

今回も、北中米の最終予選まで残れずに、すでに敗退しています。

ハイチにとっては、この試合の意味するところは直接ワールドカップには繋がりませんが、勝ち負けがあまり意味のない分、むしろ無駄な力の抜けた自然な気持ちでゲームに臨めるのかもしれません。ランキング的には日本とほぼ互角ですから、あますとこなく力をだしてもらいたいですね。

日本にとっては、これ以上ない相手かもしれませんね。強いけど、ワールドカップにはでない。

面白そうなゲームになりそうですね。

ニュージーランド戦は10月6日19:20〜 日テレ系で
ハイチ戦は10月10日19:00〜 TBS系で