【世界一受けたい授業】「百歳まで歩く」〜正しく歩けば寿命は延びる!〜 田中尚喜先生

どうも、どうせ長生きするなら健康で!コムヨシです。

年々平均年齢があがっているわけですが、長生きできる世の中になっているのはとても素晴らしいことですよね。
でもその反面、長生きしているからこそ表れてくる病気なんかもあると思います。
人生50年と言われていた昔は考えられなかった病気が現代は多くあるんじゃないかなと。
そういった病気も医学の力で解決されていくだろうと思うのですが、
平均寿命が伸びていくことによって、現代では考えられなかった病気もこれからどんどん出てくるんでしょうね。
恐ろしいことですし、考えたくはないことですが、生きているという事はそういうこととの付き合いだということなのでしょうか。
いつか、病気や苦しみというものが一切ない世の中がくることを願わずにはおれません。

今回の「世界一受けたい授業」に田中尚喜先生が登場するようです。
田中先生と言えば
著書「百歳まで歩く」が20万部を突破する大ベストセラーになっているらしいですね。
本のことを調べてみたら

筋肉に引退なし!
意識的に体を動かさなければ筋肉は縮むばかり。
筋肉づくりで基礎代謝がよくなりダイエット効果も。
骨粗鬆症や高血圧の予防にもつながる。
血行がよくなることで自律神経の働きも高まり、不眠症も防げる。
常日頃の歩き方、椅子の座り方を変えるだけでも筋肉はつくれる!
普段の生活のなかで簡単にできる症状解消トレーニングとストレッチ図解付き。

歩くのは確かに健康に良いと思います。
いいと分かっていても中々実践できないのが実情ですよね。

田中先生が提唱する歩き方や体の作り方で、健康に百歳を迎えられるなら放送を見る価値はありそうです。
本も読んでみたいですね。

今回の放送では、歩き方だけでなく百歳まで歩き続けるための体の作り方まで教えてくれるそうですね。
これを見て健康な百歳を目指してみようかな。